滋賀県大津市で園児が犠牲になって

昨日の大津での事故。

涙がこみあげてきて、止まりません。

 

亡くなられたお子さんの親子さんの気持ちを思うと……

事故に巻き込まれた園児たちと、先生……

事故を起こしてしまった人……

 

私がもし、同じ立場だったら……

いろんなことを考えてしまいました。

 

私にできることは、絶対に自分が加害者にならないこと。

自分の娘の命を守るのはもちろん、人の命も守らなければいけない。

 

ほんの一瞬で、人生が全く変わってしまう事故。

 

私は車の運転は好きだけど、結婚してからは、特に娘を産んでからは運転しないようにしています。

なぜなら、万が一、事故を起こしてしまうことが怖いから。

 

幸い今住んでいる場所は、電車も近く、買い物も徒歩や自転車で出来るし、休日は主人がいろんな所に連れて行ってくれます。

車を運転したら、もっと自由に遠くへ行けるので、便利だけど、多くを望んだらいけない気がして……

 

万が一、事故を起こして、その人たちの人生を狂わせてしまったら……

大切な娘と離れたくない!!

今の生活を壊したくないから。

 

娘が習い事するようになったら、車を買って運転再開しようかと思っていたけど、やっぱりやめます。

 

交通事故は本当に怖いです。

加害者にも被害者にもなりたくない。

 

これ以上、悲しい事故や事件が起きないように、切に、切に願います。

 

 

 

3月25日にこどもちゃれんじほっぷ4月号が届き、5月号も届いているのに(;’∀’)レビューまだでしたので、

今回もさくっと紹介したいと思います。

 

こどもちゃれんじほっぷ通信 拡大版(↑写真)

冊子が大きくなってました。

特集は、【うちの子に合ったひらがなの学び方】

 

3・4歳児は、

頭の中でありありとイメージする力がアップし、

一度に頭に入れておける短期記憶の容量が増え、

考えるためのベースが育つそうです。

 

 

えほん

 

ほっぷぐみ♪

しまじろうのお友達がたくさん紹介されていて、娘は気に入ってます。

 

 

ひらがなおとじてん

 

まだ興味なさそうなので、とりあえずしまっておきました。

 

 

考える遊びシリーズはっけんブック4月(ひらがなかずたんけん)と、受講ルールブックなどのチラシ。

 

 

ひらがなかずたいけん本は、今のところ3歳4ヵ月の娘は興味なし。

巻末のルーレットやビンゴカードの付録は、理解することなくくちゃくちゃにしてしまいました。

 

この遊びシリーズ本は、4月、6月、9月、11月、1月、3月に届き、上の写真の考える遊ぼシリーズコレクションブックに収納できるようになります。

 

 

 

ちゃれんじえんごっこセット

 

バスもリバーシブルで、楽しい絵がいっぱいのシートもついていて、幼稚園生活の予行練習ができました。

 

 

おどうぐばこ

 

 

今、こうやって娘と一緒に過ごせる時間を大切にしたいと思います。

 

毎日、楽しいだけじゃないけど、

楽しくないことも、楽しんでいこう。

大変なことも、考え方で大変じゃなくなることもあるので、なるべく大変と思わないようにしよう。

 

 

 

今は二度と戻らない、

だから、今を大事に過ごしていこう。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です