2.3歳児 学ぶ力で重要な【聞く力】の育て方

おてんばで、イヤイヤ絶好調(-_-;)の2歳9ヵ月の娘。

 

私の言うことを全く聞かなくなったある日、主人から一言。

「なめられてるんじゃないのか」

、、、、、、

 

ダメなことや迷惑になることは、もちろんしっかり注意して、それでも聞かない時は私なりに怒っていたけど、優しすぎたのかも。

なめるとか、なめられるとか、そういう問題ではないと思うけど、少し考えさせられました。

 

そして、

イヤイヤ期の乗り越え方で、私なりに色々試しています。

①本当に危ないことや、人に迷惑をかけること以外は、ある程度何も言わないで見守ってみる。

この結果、少し反抗が減ってきた気がします。

 

②何度言っても言うことを聞かなかったので、声を大きくして叱り、泣き叫んでも断固としてダメなものはダメを通した結果、こちらも少し効果がありました。

 

きっと皆さんも色々試しながら頑張っているんでしょうね(´ー`*)ウンウン。

 

 

いろんな悩みがつきませんが、今一番の悩みは幼稚園選び。

 

我が家から、方角が違うA・Bふたつの幼稚園があります。

どちらも徒歩約20分。

 

交通量とか通いやすさからいくと、少し近いA幼稚園。

なので、A幼稚園に通うつもりでした。

 

でも、引っ越して間もないので最近知ったのですが、学区はB幼稚園で、みんな自転車でB幼稚園に通っているみたい。

そして、B幼稚園の評判はよく、18時半までなどの延長保育も充実しています。

 

働いていれば、A幼稚園も16時半までは預かってくれます。

幼稚園は学区関係ないので、どちらでもいいと思うけど、、、

何か決めてがもうひとつあればな、、、

 

 

 

9月27日に、ぽけっと10月号が届きました。

 

はてなんだくん

ほっぷ7月号まで使うみたい。

投げたりしないように、大事大事だよ!って伝えましたが、壊れないか心配。

 

注意事項がいくつか記載されていました。

・箱にいれておくなどして、黒いカメラ部分や差し込み部分を汚したりしないように保管する。

 

・電池交換は、使用中に

「電池を交換してね!」って言ってくれるみたい。

 

こどもちゃれんじの電池は今まで、マンガンばかりでしたが、はてなんだくんは、アルカリ電池。

 

外箱に、アルカリ電池なので、液漏れに注意って記載があったけど、アルカリ電池って液漏れするの?

しかも、注意ってどうすればいいのか??になってしまった。

 

 

 

ことばあそび絵本10月号

 

はてなんだくんを、タッチさせたり、なぞったりして遊びます。

質問や歌もあり、聞いて考える体験がたくさんできるようになってます。

 

 

えほん10月号

手洗いがしっかりできるように、しかけいっぱいのしまじろうが見本をみせて、まねっこ遊びしながら学習してます。

 

あれれ、ぽけっと通信がない?

 

 

って思ったら、絵本の巻末に貼られていました。

 

今月の特集は、【聞く力】は学ぶ力の第一歩!

①話し手に対する愛着&ものごとに対する興味

②注意を向け続ける自己コントロール

③話している間は聞くというルールの理解

以上3つの土台が大切。

具体的な例をあげて、詳しく説明されていました。

 

 

 

はてなんだくんおかたづけばこ

 

娘は中に入ろうとしたり、踏んだりしてすでに壊しそうな気配。

 

 

↑写真は、おかたづけばこの裏側

はてなんだくんシリーズでが全て入るようなので、壊される前にしばらくしまっておこう。

 

 

ビオレU泡ハンドソープのサンプルが入っていました。

ボディーソープ・ハンドソープも泡派なので、嬉しいな。

 

 

 

スポンサーリンク

“2.3歳児 学ぶ力で重要な【聞く力】の育て方” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です